FC2ブログ
    ひとりごと

    ■ プロフィール

    えむ

    ■ 最近の記事

    ■ 最近のコメント

    ■ 最近のトラックバック

    ■ 月別アーカイブ

    ■ カテゴリー

    ■ ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    アンヂェラス
    ★池波正太郎が愛した店がまた一つなくなります。
    きのうのテレビで初めて知りました。
    浅草の喫茶店「アンヂェラス」が今日閉店するのだそうです。

    上京してすぐ、一度だけ行きました。
    2階の席でダッチ・コーヒー(水出しコーヒー)を頂きましたが、緊張し過ぎててほとんど記憶にないです。
    今のように店内で気軽に写真も撮れない時代だったので、写真も1枚もありません。
    残念ながら今日も行けないので、アンヂェラスとはこのままお別れです。
    できれば取り壊される前に見に行きたいです。
    【2019/03/17 08:41】 | 池波世界をたどる道 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
    隅田公園
    ★今日は、「池波世界をたどる道」に「隅田公園」をアップしました。
    浅草から言問橋を渡った先、スカイツリーに行く時に通る公園です。
    公園内には以前紹介した牛嶋神社も鎮座しています。

    ・言問橋を下りると隅田公園です。


    【2019/03/15 17:13】 | 池波世界をたどる道 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
    浅草橋から池波散歩 1
    ★今日は久しぶりに「その他の世界をたどる道」に「浅草橋から池波散歩 1」アップしました。
    浅草橋から柳橋にかけての散歩です。

    ・浅草橋のそばにある浅草見附跡。


    【2019/02/27 17:05】 | 池波世界をたどる道 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
    御蔵橋 2
    ★江戸時代、ここに御竹蔵がありました。

    【2019/02/20 17:09】 | 池波世界をたどる道 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
    御蔵橋 1
    ★「鬼平犯科帳」の「雲竜剣」を初めて読んだ時、上京前だった私は、当然御蔵橋はあるだろう、東京に行ったら見ることができるだろうと思っていました。
    実際はすでになく、両国の現安田庭園にあった御竹蔵の地にかつてあったのでした。

    ・両国は初場所が始まったばかり。
    いろんなイベントで賑わっていました。

    【2019/02/17 17:43】 | 池波世界をたどる道 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
    初午~王子稲荷神社
    ★私は毎年初午は王子稲荷神社です。
    正月3ヶ日と2月の午の日だけ公開される柴田是真の「額面著色鬼女図」と谷文晁筆の板絵著色の龍図を見るのと、初午限定御朱印をもらうためですが、ガラス戸に天井の明かりが写って綺麗に写真を取れたためしがありません。
    それが悔しくて。
    今年は三の午まであるので二の午さんの午はどこに行こうかな。

    早めに行ったのでまだすいていましたが、屋台もほとんど準備中です。

    【2019/02/03 17:07】 | 池波世界をたどる道 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
    善養寺
    ★天長年間(824年~834年)に上野山内に慈覚大師が開山したとされる古刹です。
    明治45年(1912年)に西巣鴨に移転しました。
    住所が西巣鴨なので、都営三田線西巣鴨駅経由で行きましたが、都電荒川線新庚申塚駅から行った方がいいようです。
    なんと実在のお岩さんが眠る妙行寺の隣りでした、気づかなかったなあ。
    妙行寺は何度も来てたのに。

    ・江戸三大閻魔のひとつの閻魔像を楽しみにしてたのに、近づいてもライトが付きませんでした、残念。


    【2019/02/02 17:28】 | 池波世界をたどる道 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
    佐藤賢一著「新徴組」
    ★もともと幕末関連は苦手で、新選組などもあまり興味がなかったんですが、最近勉強のつもりで読み始めています。
    その中で、今のところ一番おもしろいと思ったのが佐藤賢一著「新徴組」です。
    主人公は沖田総司の義兄沖田林太郎。
    彼のキャラが良くて、最初オリジナル設定の人物かと思いました。

    Wikipediaも情報が少ないので、逆に作者が好きなように味付けできたのかな?と思います。
    歴史を学ぶ以前に、読みやすくておもしろい。
    「新徴組」であって「新選組」ではないのですが、もちろん関わりはあるので入門書としてもお勧め。
    沖田総司も定説とちょっと違った雰囲気が楽しめます。
    【2019/01/12 17:51】 | 池波世界をたどる道 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
    南町奉行所
    ★年末に有楽町の交通会館に、お正月の買い出しに出かけました。
    有楽町駅(中央口)と交通会館の間に、地下街への入口がありますが、そこが南奉行所跡でした。
    私も最近教えられて知りました。
    何度も通っているのに気づかないもんですねえ。
    ちなみに国際フォーラムのあたりがお白洲だったそうです。

    【2019/01/06 18:20】 | 池波世界をたどる道 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
    小梅橋
    ★初代歌川広重の「江戸高名会亭尽」に「本所小梅」というタイトルの浮世絵があります。
    かつて「小倉庵」という料亭があった所です。
    私がスカイツリーに行く時、浅草から歩いて行くのですが、いろんなコースで歩くのが楽しくて、その中に小梅橋を渡るコースもありました。
    特に写真も撮らなかったのですが、「そっか、ここが小倉庵があった場所だ。」と突然気付き、写真を撮りに出かけたら、なんと架け替え工事の為通行不能になっていました(涙)。


    【2018/12/25 17:11】 | 池波世界をたどる道 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑

    ■ ブログ内検索

    ■ RSSフィード

    ■ リンク

    このブログをリンクに追加する


    copyright 2005-2007 ひとりごと all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記