fc2ブログ
    ひとりごと

    ■ プロフィール

    えむ

    ■ 最近の記事

    ■ 最近のコメント

    ■ 最近のトラックバック

    ■ 月別アーカイブ

    ■ カテゴリー

    ■ ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    「鵺の碑」
    ★今日は、「京極堂と仲間達」に「鵺の碑」感想アップしました。
    ネタバレは避けたつもりですが、そのせいかとても回りくどい文章になってしまいました。
    おそらく内容にかすっている部分もあるかと思います。
    御注意ください。
    【2024/01/16 20:21】 | 京極堂と仲間達 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
    「怪異を語る: 伝承と創作のあいだで」
    ★京極夏彦先生や東雅夫先生などが参加された成城学園創立100周年成城大学文芸学部創設60周年記念シンポジウム報告書。
    「書いた内容」ではなく「語った内容」なので、京極先生の語りが京極堂(中善寺敦彦)が語ってるようにしか読めず、なぜか笑いがこみ上げてきました。
    幽霊がいても、それを見る人がいなければ存在しないのと同じ、なぜかいちいち笑えます。

    他に興味深かったのが喜多崎親先生。
    テーマは「何故、幽霊に足がないのか」でしたが、全生庵の幽霊画にも言及し、「蚊帳の中の幽霊」に「蚊帳の後ろにいる幽霊」の間違いではないかと話されるところ、私と同じ突っ込みが入ってそれも嬉しかったです。

    幽霊や妖怪が好きな方は是非!
    【2023/10/28 18:56】 | 京極堂と仲間達 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
    「鵺の碑」やっと読めます。
    ★やっと届いた「鵺の碑」、一気に読みたいのでこれまで我慢していました。
    17年ぶりの新作!ここまで来て自分をじらす自分(笑)。
    そしてさらに嬉しいのが、帯に「次作予定『幽谷響(やまびこ)の家』」と書いてあったこと。
    早速パソに登録しましたよ、「幽谷響」。
    なるべく早くお願いしたいな。
    【2023/09/16 15:36】 | 京極堂と仲間達 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
    「鵺の碑」もうすぐですね♪
    ★本当に、首がどんどん伸びて来てますよ(笑)。

    こちらTARGET="BLANK"」に京極さんと宮部さんの対談が掲載されています。
    とってもおもしろいんだけど、重大なネタバレはないにしろ、「宮部さん、そりゃないよ( ;∀;)。)」なお話が少しあるので、鵺を読んでからの方がいいかも。

    途中で食の話が出て来て、あっ、これ池波話が出るなあと思ってたらやっぱり出ました!
    宮部さんはともかく京極さんが池波を語るのってとても新鮮。
    軍鶏鍋食べたい~♪

    確かに私、最初の頃はミステリアスな人物だと思っていた京極堂が、厠に行ったり、自分でうどん取りに行ったりといった日常の描写があっさりあって、「あっ、普通の人だ。」と驚いた記憶があります。
    だからこそ、いざという時の衝撃もすごいんですけどね。

    ちなみに今は、宮部さんの「青瓜不動」読み始めています。
    【2023/09/10 08:32】 | 京極堂と仲間達 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
    「鵺の碑」9月14日に発売決定!
    ★宮部みゆきさんの三島屋シリーズ最新刊「青瓜不動 三島屋変調百物語九之続」が出たと思ったら、遂に京極夏彦さんの百鬼夜行シリーズ最新作「鵼の碑」が9月14日発売決定のニュースが飛び込んできました!

    https://twitter.com/taikyokuguu

    17年ぶりの新作であり、17年間待たされた幻の新作とさえ言われた「鵺の碑」。
    正直私は世に出ることはないだろうと半ばあきらめていました。
    でも書いて下さってたんですね!
    是非最長の長さの煉瓦本でお願いします!

    それからアマゾンの「青瓜不動」の ページに
    「これが最後だ、もう二度と描かない。」とあったので、もしかして最終巻?と思いましたが、そうではないようですね。
    これで安心して読めます。
    【2023/08/02 19:54】 | 京極堂と仲間達 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
    京極さんの新作出ましたね。
    ★書楼弔堂シリーズの3作目「待宵」。
    次は「深闇」とでもなるのでしょうか。
    今回は特に岡本綺堂が気になります。

    早く読みたいのでkindleも考えたけど、京極本はあの重さがいいんですよね、クセになります。
    なのでとりあえず書店に行けた日に買いましょう。
    そしてじっくり読みましょう。
    気軽に読める漫画も短編もいいけど、やっぱり京極物は気合入れてじっくり読みたいです。

    それにしても「鵺の碑」はいつ出るのでしょう。
    書楼弔堂シリーズも、時代や人物の考証が大変で、それもあって時間がかかると思いますが、一度は出すと言ったのだから、遅れている理由とか、断念したなら断念したとか教えて欲しいですね・・・。
    やっぱり京極堂シリーズが一番好きなので。
    【2023/01/15 19:52】 | 京極堂と仲間達 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
    『書楼弔堂』シリーズガイドブック
    ★kindleで無料になっていたので読みました。
    「破曉」も「炎昼」もすでに読んでいますが、私が一番興味があった人物は月岡芳年。
    なので一番印象に残っているのも月岡芳年です。
    ただ、私は京極作品は出ると必ず読みますが、何度も読み返すのは京極堂シリーズだけ。
    それも王道?京極堂が、というより関口巽が主人公の。

    「今昔百鬼拾遺」も「中禅寺先生物怪講義録」も読んで楽しめましたが、やはり「鵺の碑」が早く読みたいです。
    公式に告知されたので、後は待つだけ。
    「遠巷説百物語」も楽しみですって、あれ?もう出てる?

    【2021/07/14 17:46】 | 京極堂と仲間達 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
    鵺の碑!!!!!
    ★先日、「今昔百鬼拾遺 月」が発売されましたが、これは「鬼」「河童」「天狗」の合本ということで、3冊とも買ってある私は必要ないなと思っていたのですが、書店で何気なく手に取ったら、帯に「『鵺の碑』近日刊行予定!」とあるではないですか!
    京極さんへの期待を込めてつい買ってしまいましたよ(笑)。

    公式ホームページ」 にも「講談社ノベルスからではなく、他の出版社から、別な形で刊行されることになります。」と書かれているので、楽しみに待ちたいと思います。
    【2020/09/20 13:36】 | 京極堂と仲間達 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
    百器徒然袋 瓶長 薔薇十字探偵の鬱憤
    ★私は先に漫画版「絡新婦の理」を読んでましたが、それでもこの「瓶長(かめおさ)」のマチコさん初登場は衝撃的でした(笑)。
    あと呪われた壺屋敷も。
    壺で埋まっているだけなのに、こんなに迫力があり、不気味さが際立っているのはやっぱり志水さんの画力でしょうね。
    原作を知らない方は、マチコさんの衝撃度にストーリーが頭に残らないのではないでしょうか?

    また木場さんがいい味出してるんですよね。
    やってることはシリアスバージョンの京極堂シリーズと変わらないのにとにかく笑えます。
    京極さんと清水さん、このお二人がタッグを組んでくれて本当に良かったです。

    【2020/08/17 19:44】 | 京極堂と仲間達 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
    百器徒然袋 鳴釜   薔薇十字探偵の憂鬱
    ★京極夏彦さんの京極堂シリーズの中から、「僕」(と榎木津)が主人公の短編集「百鬼徒然袋」が漫画化されその第1弾が「鳴釜」です。
    作者はもちろん清水アキさん。

    いつもはっちゃけてる榎木津探偵はともかくとして、京極堂が楽しそうなのが印象的なこのシリーズ。
    漫画でもその楽しさが存分に発揮されています。

    登場人物も笑っちゃうほどイメージ通りですが、 篠村美弥子はこの顔で「天狗」で漫画の中禅寺敦子や呉美由紀と共演するのが想像できない(笑)。
    志水さんにはどんどん漫画化して欲しいですね。
    そしてどんどんアニメ化もして欲しいです。
    【2020/08/12 17:18】 | 京極堂と仲間達 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑

    ■ ブログ内検索

    ■ RSSフィード

    ■ リンク

    このブログをリンクに追加する


    copyright 2005-2007 ひとりごと all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記