ひとりごと

    ■ プロフィール

    えむ

    ■ 最近の記事

    ■ 最近のコメント

    ■ 最近のトラックバック

    ■ 月別アーカイブ

    ■ カテゴリー

    ■ ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    まぼろしのお好み焼きソース
    ★内容に関して重大なネタバレがあります。★

    「まぼろしのお好み焼きソース」と書いたらソースのこと?と思いますよね。
    でもソースのお勧めじゃなくてちゃんと小説のタイトルです。
    松宮宏さんの、ファンタジー?ミステリー?それとも極道物?

    最初は下町のみんなでがんばっておいしいソースを作る話と思ってました。
    確かに基本はそれなんですが、そんなのどかなばかりの話じゃありませんでした。
    うん、のどかだけどシリアス、ほのぼのしてるけど怖い、そんな感じ?
    【2018/05/23 17:08】 | おいしい本をさがす道 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
    猫は手がかりを読む~エッグベネディクト
    ★今日は、「おいしい本をさがす道」に、リリアン.J. ブラウン著「シャム猫ココ」 シリーズ1作目「猫は手がかりを読む~エッグベネディクト」アップしました。

    【2018/05/19 17:12】 | おいしい本をさがす道 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
    貧乏お嬢さま、メイドになる~いちごタルト
    ★今日は、「おいしい本をさがす道」に、リース・ボウエン著貧乏お嬢さまシリーズ1作目の「貧乏お嬢さま、メイドになる」よりいちごタルトアップしました。
    【2018/04/25 17:07】 | おいしい本をさがす道 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
    タルトタタンの夢
    ★「グレーテルのかまど」の再放送で、これまで名前しか知らなかったタルトタタンがどんな物かを知りました。
    近藤史恵著「タルトタタンの夢」を読んだ時は、文章で説明されてもよくわからなかったんですが。
    この本を読んでて思い出したのは「和菓子のアン」とか「真夜中のパン屋さん」など。
    いわゆるコージー系ですね。

    海外のミステリと違って殺人が起きるような本ではなく、日常のちょっとした謎や不思議を食べ物を使って解決するという意味で
    コージーノベルとでも表現したらいいのでしょうか。
    気軽に読めてほっこりするけど、再読しようとは思わないあっさりした感。
    まあこのシリーズの1作目「ヴァン・ショーをあなたに」のヴァン・ショーをなぜか楽器だと思っていた私が言うことではないですけど(笑)。
    【2018/04/18 17:06】 | おいしい本をさがす道 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
    違いのわかる渡り鳥
    ★クリスティン・ゴフ著バードウォッチングシリーズ2作目は「違いのわかる渡り鳥」。
    前にも書きましたがバードウォッチングに全く興味のない私には2作目も印象の薄い本でした。
    逆に鳥好き、アウトドア大好きな方には夢中になれる本かと思います。

    1作目のヒロインレイチェルが脇役に回り、1作目で脇役だったラークが主役になります。
    生き生きと活躍していたレイチェルが好きだったのでそれも残念。
    ラークも嫌いじゃないんですけどね。
    おもしろい試みなのでうまくハマってくれれば楽しいと思うけれど。


    【2018/04/12 17:29】 | おいしい本をさがす道 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
    風の向くまま~ダイオウのパイ
    ★今日は、「おいしい本をさがす道」に、ジル・チャーチル著「風の向くまま~ダイオウのパイ」アップしました。
    ダイオウとはルバーブのことだそうです。

    ・砂糖と煮つめてジャムにするのが一般的です。


    【2018/04/09 18:05】 | おいしい本をさがす道 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
    町でいちばん賢い猫~ミルクセーキ
    ★今日は、「おいしい本をさがす道」に、リタ・メイ・ブラウン著トラ猫ミセス・マーフィ―シリーズ1作目「町でいちばん賢い猫~ミルクセーキ」アップしました。

    【2018/03/25 17:46】 | おいしい本をさがす道 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
    ガラス瓶のなかの依頼人
    ★今日は、「おいしい本をさがす道」に、シャロン・フィファー著アンティーク雑貨探偵シリーズ2作目「ガラス瓶のなかの依頼人」アップしました。
    アンティーク雑貨探偵というよりピッカー探偵の方がいい感じ。
    そのまま訳すとくず拾いみたいになってしまいますが、ガラクタの中に宝を見出す人、でしょうか。

    本はアメリカですが、アルズ・カフェ(イギリス風)の雰囲気をいつも思い出します。
    でもこっちは本に比べて整い過ぎてるかな?
    私のお気に入りシリーズです。


    【2018/03/15 17:09】 | おいしい本をさがす道 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
    バッキンガム宮殿の殺人
    ★今日は、「おいしい本をさがす道」に、C.C.ベニスン著「女王陛下のメイド探偵ジェイン」シリーズ1作目「バッキンガム宮殿の殺人」感想アップしました。


    【2018/03/12 17:10】 | おいしい本をさがす道 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
    COPY~おやきと善光寺の七味唐辛子
    ★今日は、「おいしい本をさがす道」に、内藤了著「猟奇犯罪捜査班藤堂比奈子」シリーズより「COPY~おやきと善光寺の七味唐辛子」アップしました。


    【2018/03/09 17:14】 | おいしい本をさがす道 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑

    ■ ブログ内検索

    ■ RSSフィード

    ■ リンク

    このブログをリンクに追加する


    copyright 2005-2007 ひとりごと all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記