fc2ブログ
    ひとりごと

    ■ プロフィール

    えむ

    ■ 最近の記事

    ■ 最近のコメント

    ■ 最近のトラックバック

    ■ 月別アーカイブ

    ■ カテゴリー

    ■ ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    最近のお気に入り
    ★コニー・アーチャー著「謎解きはスープが冷めるまえに」
    積んであったコージーミステリの中から取り出して読みました。
    タイトル通りのスープ専門店が舞台のコージーですが、クセもなく読みやすい印象。
    ただそれだけにインパクトもなく、こういうお店があったらいいなっていうのが感想でした。
    写真は昔撮ったオニオングラタンスープ。
    本には出て来なかったと思うけど、スープと言えばこれ。
    ルーベンサンドイッチも出て来ますが、食べきれる自信がないので買ったことないです(笑)。

    【2022/06/27 19:31】 | 最近のお気に入り | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
    最近のお気に入り
    ★「相棒」シーズン21の右京さんの相棒が寺脇康文さんに決定ですね!
    最高に嬉しいニュースです。
    同時にクライマックス&フィナーレ?になる気もしてなんだかいろいろ気になります。
    六角精児さんも帰って来てほしいなあ。

    ★「リゾーリ&アイルズ ヒロインたちの捜査線」は、CMで流れてた音楽が好きで見るようになりましたが、スカパーだとファイナルシーズンしか観ることができなかったので、途中であきらめていました。
    でも先月アマゾンプライムでシーズン1から観ることができました。
    やっぱりおもしろかったです。

    男性コンビはよくありますが、女性コンビ物を見るのは初めて。
    男勝りのジェーン・リゾーリは朴璐美さん、エレガントなモーラ・アイルズは井上喜久子さん。
    なんというか、BASARAの上杉謙信とはたらく細胞のマクロファージさん?
    モーラ役のサッシャ・アレクサンダーは、「NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班」の時から好きでした。
    でも本当に2人とも雰囲気ぴったりで上手な声優さんなので、まじめな仕事もギャグみたいな掛け合いももう楽しくて。
    シーズン1がとんでもない終わり方だったのでシーズン2も楽しみです。
    【2022/06/23 07:24】 | 最近のお気に入り | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
    愛と裏切りの作曲家たち
    ★中野京子さんのことは、2017年(平成29年)に上野の森美術館で開催された「怖い絵」展で知りました。
    ってそんな昔になるのか・・・。

    それ以来中野さんの本をいろいろ読んでいたのですが、この本は絵じゃなくて音楽、作曲家を取り上げています。
    天才ゆえの悲劇に関してはこれまでもいくつか読んでいましたが、まるで小説のようなおもしろさで、一気に読んでしまいました。
    欲を言えばガエターノ・ドニゼッテイも取り上げてほしかったな。
    天才的な作曲家でありながら、この本で比較されているヴィンチェンツォ・ベッリーニに比べてあまりにも常識人で、中野さんは取り上げる必要性を感じなかったのかな?

    オペラは詳しくない私でも、名前や曲をなんとなく知ってる名曲が勢揃いですが、別の意味で印象的なのが、ヴェーバーの「魔弾の射手」とヴァーグナーの「さまよえるオランダ人」。
    【2022/06/17 20:27】 | 最近のお気に入り | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
    兇人邸の殺人
    ★今村昌弘著「兇人邸の殺人」を読みました。
    今村さんは特に好きな作家というわけではありませんが、ミステリにホラーやSFをごちゃまぜにした感覚が、そのごちゃまぜ具合が気になって毎回読んでしまいます。

    今回「おっ」と思ったのが、主人公が最初にミス・マープルと「黒後家蜘蛛の会」をセットで出してきたところ。
    どんなテーマにするつもりなのかは書いていませんが、先日私が「黒後家蜘蛛の会」感想で書いた共通点に関することかな?と想像してしまいました。
    反面、友人に出した問題の緻密さが、私の好きなタイプの「ミステリ」とは違うんだなあと思いました。
    こうなってくると好みの問題ですね。
    クールな女性探偵?としては澤村伊智著比嘉姉妹シリーズの方が情緒的で好みです。
    【2022/05/30 17:38】 | 最近のお気に入り | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
    最近のお気に入り
    ★最近読んだ中で、冒頭部分のインパクトが強かった本を紹介します。
    ・アイザック・アシモフ著「黒後家蜘蛛の会 1」

    アイザック・アシモフといえばSF作家のイメージが強いですが、ミステリも書いているのに
    興味を持って読んでみました(タイトルもおもしろかったし)。
    6人の男性からなる「黒後家蜘蛛の会」、毎月集まって1人が問題を出し、他のメンバーで
    答えを考えます。

    アガサ・クリスティのミス・マープルシリーズ「火曜クラブ」を思い出しますね。
    どんなに一生懸命考えても、答えを見つけるのはいつも1人。
    でも第1話の「会心の笑い」のは唖然としました。
    衝撃度から言えば同じクリスティの「アクロイド殺し」に匹敵する衝撃度!
    と書くとちょっと大げさ?(笑)。

    でも逆に第1話が素晴らしすぎて、2話目からは「なるほどねえ。」と納得しつつも淡々と読んでしまいました。
    ちょっともったいない感じ。
    【2022/05/23 17:25】 | 最近のお気に入り | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
    最近のお気に入り
    ★先日パソコンを買ったのですが、今までのもまだ使えるので、新しいパソコンは自分の部屋に置くことにしました。
    (古いのはリビング)

    何がいいって、パソコンしながらテレビが見れること。
    リビングだと、振り返らないとテレビは無理だったのでこれは嬉しい。
    で、最近夢中なのが、ホラーゲームの動画。
    興味はあっても遊んでいなかったゲームの実況や動画を楽しんでいます。
    【2022/04/25 18:18】 | 最近のお気に入り | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
    最近のお気に入り
    ★宮部みゆき原作「荒神」ドラマ
    録画したままになっていたドラマ「荒神」が出て来たので、観てみました。
    冒頭の「怪物」にまずがっかり。
    「荒神」に限らず、ホラー映画などで、恐怖の正体が現れちゃうと、意外と怖さが薄まる場合が多いのですが(だから大概は最後のクライマックスで現れることが多い)、この怪物は冒頭出て来て、しかもなんだか可愛い。
    ここ笑うとこ?

    物語はやはり2時間に納めるには無理があったようで、「ぼんくら」のように連続ドラマにして欲しかったです、もったいない。
    でも内田有紀さんの美しさは眼福で、美しさだけでなく、高貴さ、母性まで感じさせてくれました。
    もう一度原作を読み返そうと思います。
    【2022/04/04 17:44】 | 最近のお気に入り | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
    パトリシア・コーンウェルの新作
    ★ちょっと古い記事になりますが、アメリカでパトリシア・コーンウェルの「検屍官」シリーズの最新刊「Autopsy(原題)」が11月30日に発売されたそうです。「こちら」。
    それはそれで嬉しいニュースなのですが、あれ?と思ったのが

       ☆   ☆   ☆

    コーンウェルは前作で同シリーズを書き終えたつもりだったが、新型コロナウイルス流行で世界がロックダウン(都市封鎖)に入り、「スカーペッタはこうした状況で何と言い、何をするだろうと考え始めた。
    5年前にシリーズを終えたときとは違うのだから」と語った。

       ☆   ☆   ☆

    この部分。
    【2022/02/01 21:00】 | 最近のお気に入り | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
    大河ドラマ館最後のリニューアル!
    ★大河ドラマ館は12月26日までなので、リニューアルも今回で最後です。

    ・旧醸造試験所で撮影された吉沢さんの渋沢栄一。
    内部は普段は非公開ですが、年に一度「東京文化財ウィーク」の時に見学できます。
    (最近はコロナの影響でやっているかどうかはわかりません。)
    私も見たことがありますが、雰囲気のある素敵な所です。
    映えますねえ。

    【2021/12/12 08:48】 | 最近のお気に入り | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
    バイオハザード: インフィニット ダークネス
    ★巣ごもり生活でAmazonプライムの他にネットフリックスにも入りました。
    「バイオハザード: インフィニット ダークネス」を見たかったからなのですが、ちょっと物足りなかったかな。
    私はゲームのバイオは2から入ってるので、レオン、クレア、エイダに一番思い入れがあります。
    今作にエイダが出ないのは仕方がないとして、レオンとクレアは、2がザッピングシステムを採用していたせいか、CGアニメ映画でもレオンとクレアは共闘する場面が少なく、今回は最後に対立してしまいました。
    この展開は寂しいなあ。

    実写もですが、映画になるとストーリーにも重点を置くためゾンビ画面が少ない(笑)。
    ゲームのストーリーはショートムービーだけであんなにクオリティ高く見せてくれるのに何ででしょう。
    まあ私は実写は「バイオハザード」とは別物として見てるので、こちらのCGアニメシリーズはこれからも続いて欲しいです。
    あとレオンとジルが絡むストーリーも見てみたい。
    ジルを相手にレオンの「泣けるぜ。」が何回出るか楽しみです。
    【2021/12/07 18:18】 | 最近のお気に入り | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑

    ■ ブログ内検索

    ■ RSSフィード

    ■ リンク

    このブログをリンクに追加する


    copyright 2005-2007 ひとりごと all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記