FC2ブログ
    ひとりごと

    ■ プロフィール

    えむ

    ■ 最近の記事

    ■ 最近のコメント

    ■ 最近のトラックバック

    ■ 月別アーカイブ

    ■ カテゴリー

    ■ ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    「死霊遊戯」と高橋先生情報
    ★最初に情報ありがとうございます。
    こちら」で「『少年サンデー』の巨匠、高橋留美子伝説」として高橋先生が紹介されています。

    ★今日は「十二国記感想」に「死霊遊戯(旧題「悪霊はひとりぼっち」)」感想アップしました。
    内容よりも何よりも表紙にやられました、怖かったです・・・。
    次はいよいよ私が一番好きな「鮮血の迷宮(旧題「悪霊になりたくない!」)です。
    実はこの旧作、たまたま訪れた図書館で「リサイクル本!」として出てたのをもらってきてるので、次回は旧作新作の読み合わせも楽しめそう。
    ウィンチェスター・ミステリー・ハウスに。「血の伯爵夫人」ことエリーザベト・バートリに「ドラキュラ公」ヴラド・ツェペシュと予習もする気満々です(笑)。
    【2011/05/31 21:36】 | 十二国記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
    浅見光彦ミステリーウォーク2011
    ★今年も参加してきました、北区西ヶ原界隈で行われた「浅見光彦ミステリーウォーク2011」。
    今年のテーマは「翡翠に込めた願いごと」、翡翠だなんておしゃれじゃないか、早速行かねば!と張り切っていたものの、結局行けたのは最終日の今日、大雨の中でした・・・。

    そして3回目にして挫折、でした(涙)。
    まあね、駒込西ヶ原界隈の神社は何度も来たし、染井銀座も霜降銀座も慣れてるし、簡単簡単と甘く見たのが運の尽き。
    この雨だから実際に訪れて答えが書いてあるポイントさえ押さえておけばいいや、わからなかったら検索かけたらいいや、とそそくさ帰ってしまったのです。

    そしてキーワードも無事埋めて、あれ?文章になってない・・・。
    ⑦がどうやら間違ってたみたい。
    検索してなまじっか字数の合う言葉が引っ掛かったのが失敗だったか、でもさすがにこの時間に西ヶ原の貝塚広場まで行く元気はありませんでした。
    最終日なんだよなあ・・・。
    【2011/05/29 21:04】 | 日常生活 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
    「境界のRINNE」と「ゴーストハント」
    ★今日は「犬夜叉考察日記など」に「境界のRINNE」と「ゴーストハント」比較をアップしました。

    かなりこじつけなってますが(笑)、書いててすごく楽しかったです。



    ↑なんか構図も似てません?

    【2011/05/28 21:14】 | 境界のRINNE | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
    おまえは其処で乾いてゆけ
    ★今日は「うしおととら感想」に「おまえは其処で乾いてゆけ」感想アップしました。

    「うしおととら」を知らないでこのタイトルだけ読むと、強烈ですね。
    でも秋田の「なまはげ」がモチーフとなったとてもおもしろいエピソードです。
    以前、画風で読者を選ぶ作品というコメントをどこかで読みましたが、確かにそれはあるなあ・・・。
    でも画風のせいで読まないとしたら、それはそれでもったいないなあと思います。
    【2011/05/27 21:18】 | うしおととら | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
    TROY無双
    ★「TROY無双」が届きました。
    実は注文したこともすっかり忘れていて、発送メール見てびっくりしたんですが・・・。
    とりあえず説明書パラパラ見て、またまたびっくり。
    私はカプコンの「デビル・メイ・クライ」や「バイオハザード」シリーズに慣れてるせいか、てっきり字幕スーパー付きの英語だと思ってました。
    ところがしっかり吹き替えで、無双声優さん勢揃い、笑っちゃうほどです。

    ・神無延年さん(曹丕)=アキレウス
    ・石塚運昇さん(北条氏康)=オデュッセウス
    ・堀之紀さん(董卓、呂蒙)=アイアス
    ・置鮎龍太郎さん(長曾我部元親、遠呂智、司馬師&BASARA豊臣秀吉)=パトロクロス
    ・桐本琢也さん(諸葛誕)=ヘクトル
    ・緑川光さん(明智光秀)=パリス
    ・高塚正也さん(直江兼続、黒田官兵衛)=メネラオス
    ・中井和哉さん(典韋、夏候惇&BASARA伊達政宗)=アイネイアス
    ・石川英郎さん(豊臣秀吉、周泰、毛利元就、賈詡)=デイポボス
    ・江川央生さん(曹仁、島津義弘)=アガメムノン
    【2011/05/26 21:16】 | ゲーム | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
    もう笑うしかないじゃない?
    ★今日は「犬夜叉考察日記など」に少年サンデー2011年5月25日(26号)「境界のRINNE」第98話「ポルターガイスト」感想アップしました。

    たまたま今日読んでた明野照葉著「澪つくし」内の「石室」と妙なところで被ってるので笑ってしまいました。
    りんねとは正反対の怖いお話なんですけどね・・・。


    【2011/05/25 22:19】 | 境界のRINNE | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
    雷の袂
    ★今日は「蟲師感想」に「雷(いかずち)の袂」感想アップしました。

    甥っ子が可愛くて可愛くてもうメロメロです(#^.^#)。
    でももうすぐ帰ってしまうのが寂しいな・・・。
    【2011/05/24 21:44】 | 蟲師 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
    最近のお気に入り
    ★「CSIマイアミ」のホレイショ・ケインことデヴィッド・カルーソーが「愛と青春の旅立ち」にトッパー役で出演してたと知ってびっくり、早速見直してみました。
    トッパーといっても思い出せなかったのですが、水中訓練で溺れ、真っ先に脱落する青年でした。
    映画ではとても大柄に見えたのですが、マイアミでは姿勢が悪い?せいか小柄ですよね。
    身長どれくらいなんでしょう?
    再見してショックだったことは、始めて見た時のようなストレートな感動がなかったこと。
    人間としてすれてしまったのでしょうか・・・。

    ・クセモノ俳優勢揃いのサイコ・ホラー「アイデンティティー」。
    これはおもしろかったです。
    嵐のモーテルに集まった11人が次々に殺されていくのだけれど・・・。
    設定はありきたりながら、見せ方がお洒落でかっこいい。
    それだけに最後の「ホラー映画のお約束」はいらなかったなあ。
    こんな素敵な映画なら、救いがあってのハッピーエンドがよく似合う。
    最後の「自称」どんでん返しで一気に普通のB級ホラーに成り下がってしまいそうな危機感を感じました、残念。
    ジョン・キューザック、レイ・リオッタ、レベッカ・デモーネイ、うん、お洒落。
    ホラーが苦手じゃなかったら、お勧めしたい1本です。
    【2011/05/23 21:13】 | 最近のお気に入り | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
    BASARA煎餅
    ★今こえむが甥っ子を連れて遊びに来てるので、なかなか更新できません(笑)。
    先日も平日休みに「戦国BASARA」のイベントやってる「ナムコ・ナンジャタウン」に遊びに行って来ました。
    平日だけに比較的すいていましたが、甥っ子がまだ小さいのでイベントには参加しませんでした。
    ↓「戦国BASARA」と「銀魂」の煎餅買って、ポストカードもらってきました。
    BASARA煎餅、後ろの2枚は家康と三成でした。

    デザートやフードはたくさんあるので、もちろん食べきれないけど、見てるだけでも楽しいし。
    欲を言えば官兵衛さんのメニューも欲しかったな。
    鉄球はチョコボールとかオリーブになるんでしょうか?

    BASARA煎餅
    【2011/05/22 21:01】 | 戦国BASARA | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
    最近のお気に入り
    ★朱川湊人著「都市伝説セピア」を読みました。
    都市伝説をテーマにした「フクロウ男」が特におもしろくて、そういえば夜の高速を走ってたら黒猫が同じくらいの速さで付いて来て、怖いと思ったらクロネコヤマトの宅急便だったみたいなのあったなあ。
    今だったらりんね絡みで誰かの契約黒猫思い出すところでしょうが。

    都市伝説の成り立ちがおもしろくて、次に読んだのが春日武彦著「屋根裏に誰かいるんですよ。―都市伝説の精神病理」。
    「都市伝説」という言葉に惹かれて読み始めたのですが、これは精神科医である著者が都市伝説が生まれる心理を具体的に掘り下げているので、怖かったです。

    その中で取り上げられていた小森良子著「ゆか下のひみつ」と柏葉幸子著「天井うらのふしぎな友だち」を次に読みました。
    自分の住む家、いる部屋の天井、そして床下に誰かが潜んでいるかもしれない、その不思議。
    江戸川乱歩著「屋根裏の散歩者」だと、その意識は奇妙な恐ろしさを持って読む者に迫ってきます。
    でも「ゆか下のひみつ」と「天井うらのふしぎな友だち」は子供向けということもあり、全く異なるニュアンスでした。
    【2011/05/20 21:10】 | 最近のお気に入り | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑

    ■ ブログ内検索

    ■ RSSフィード

    ■ リンク

    このブログをリンクに追加する


    copyright 2005-2007 ひとりごと all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記