FC2ブログ
    ひとりごと

    ■ プロフィール

    えむ

    ■ 最近の記事

    ■ 最近のコメント

    ■ 最近のトラックバック

    ■ 月別アーカイブ

    ■ カテゴリー

    ■ ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    鬼談百景
    ★今日は「十二国記感想 」に「鬼談百景」感想アップしました。
    私は「残穢」を先に読みましたが、「鬼談百景」を先に読んだ方がいいと思ったので、感想はこちらを先にしました。

    ところで悪霊シリーズの続編「悪夢の棲む家 ゴーストハント」が7月28日発売のARIA9月号(講談社)にて、いなだ詩穂漫画化隔月新連載スタートとのこと。
    これは嬉しいニュースです。
    当時「読者に受け入れられなかった」この続編を漫画化することを許可したのなら、今の読者には受け入れられていることを認めたのだと思いたいです(笑)。

    悪霊シリーズリライトも済んだ、十二国記新作も書いた、十二国記とも悪霊シリーズとも関係ない新作も書いた、で、次はいよいよ「ゴーストハント」新作を是非!

    最後にアニメ「十二国記」が8月2日より一挙放送!→
    こちら
    こちらも嬉しいプレゼントかも。
    【2012/07/31 21:41】 | 十二国記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
    桜が水着に着替えたら
    ★今日は「犬夜叉考察日記など」に少年サンデー2012年7月25日(34号)「境界のRINNE」第155話「約束の首飾り」感想アップしました。

    今年の夏はほんとに夏バテがひどくて、しかも未だかつてないほど忙しい状態です。
    しかもパソコンある場所が、午後の西日がもろに当たって、それが夜までこもってるという蒸し暑い場所。
    ここ数日はパソコンの前に座る気が起きませんでした・・・。

    結局エアコンのおかげで復活です。
    私も海に行きたいな・・・。
    まだ食欲が出ないけど、何とか持ち直しそうです。ふぅ。
    【2012/07/30 20:49】 | 境界のRINNE | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
    「残穢」を読んでいます(ちょっとネタバレ)。
    ★「残穢」と「鬼談百景」はあえて発売前の情報を一切読まずに読み始めました。
    まず読んでるのが「残穢」ですが、これは作家「小野不由美」の作品、特に「屍鬼」や「ゴーストハント」の書き方や自身の考え方、性格、日常生活!までを知らしめる不思議な作品となっています。

    なので途中で「屍鬼」や「ゴーストハント」を引っ張り出して拾い読みしてるので、私にしては珍しく時間をかけています。
    感想は今週中に書きたいし、早く「鬼談百景」も読みたいのですが。
    ただ誰もが予想していた「小説」とは違う、という意味で評価が別れそう。
    あえてドキュメント形式にしてますが、これを小説の形で久保さんを主人公に据えて、「小野不由美」をモデルとしたホラー作家も登場して書いてもおもしろかったかも。

    タイトルで横溝正史か坂東眞砂子タイプのおどろおどろしいちょっと昔でちょっと田舎の伝承もののけ心理系かな?と思ってたのですが見事に裏切られました(笑)。
    あと読んでて春日武彦著「屋根裏に誰かいるんですよ。―都市伝説の精神病理」を思い出しました。
    もう1冊、昔見た廃墟写真集も思い出しましたがタイトルは忘れました・・・。

    このレポート自体が作者の創作によるドキュメントの形式をとった小説だったりする可能性もあるのかな?

    ただこれ、表紙がよくわからない。

    というかおもしろおかしい、目からビームにしか見えません・・・。
    【2012/07/24 20:22】 | 十二国記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
    ドラマ「高橋留美子劇場~運命の鳥」
    ★今日は「犬夜叉考察日記など」にドラマ「高橋留美子劇場~運命の鳥」感想アップしました。

    全体の主役?に据えた鳥居秀司の持って行き方のせいでしょうが、「赤い花束」→「運命の鳥」の放映順が何となく逆のような気がしました。
    シリーズの「顔」のない作品なので、「めぞん一刻」や「らんま1/2」ほどこだわりなく見ることができました。
    おもしろかったです。
    特に「君がいるだけで」。

    ★原作
    ・高橋留美子傑作集「運命の鳥」より「運命の鳥」
    ・高橋留美子傑作集「専務の犬」より「専務の犬」
    ・高橋留美子傑作集「専務の犬」より「君がいるだけで」

     

    【2012/07/22 21:26】 | 犬夜叉 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
    弥勒と七宝!
    ★びっくりしましたねえ、「犬夜叉」で弥勒を演じた辻谷耕史さんと七宝役の渡辺久美子さんが結婚されたそうです!

    「犬夜叉」の頃からひそかに愛を育んでいたのでしょうか(#^.^#)。
    おめでとうございます!
    末永くお幸せに!→「こちら

    結婚式あったんでしょうか?
    高橋先生や犬夜叉声優さん集まったのかなあなんていろいろ想像しちゃいますね。
    【2012/07/21 18:05】 | 犬夜叉 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
    「境界のRINNE」13巻感想
    ★「境界のRINNE」13巻は来兎と零不兎の双子がメインですが、架印、鯖人、魔狭人登場のエピソードもうまく絡んで、全体的にバランスの取れた1冊になっています。
    可愛い姉・来兎と口の悪い弟・零不兎は実はあまり印象に残ってないのですが、三日月斎こと零不兎の鍛えるカマがいろんなトラブルの元となり、その理由が「我がHANSEI」に書いてあったけど、零不兎はそれを「半生」と読み、大きな勘違いをしてたという話。
    (実際は「我が反省」の意味でした。)
    実験台になってるりんねが可哀想だけど、テレビ通販みしてるみたいな来兎と桜(「ワックスどうどす」の表紙)とか、来兎と一緒に実演しているユニフォーム霊の群れとか楽しかった。
    13巻はサンデーで細切れに読んでる時よりも、コミックでまとめ読みしてる方がおもしろいです。
    個人的に来兎はバニーガールよりも、53ページの月見団子食べてる着物姿の方が可愛くて好き。
    もっとちょこちょこ着物姿で出て来て欲しいです。

    第5話からは架印と魔狭人の「Wの悲劇」ならぬ「「Mの悲劇」。
    「Mはもちろん僕のイニシャル、悪魔のMA!」に笑った。
    「それイニシャルじゃねーし。」
    「ああ、バカなんだ。」
    翼と鳳が出るとこれだから楽しいです(笑)。

    第1話ではちょっと大人な鯖人がいい。
    お金があっても借金は返さないのが鯖人流だけど、桜にちゃんと千円返したのはりんねが好きな子だから気を使った、だったら嬉しいな。
    第7話はケーキ買っちゃう罪作りなお話「スイーツ霊」で、今回一番おもしろく読んだのが第10話「白紙絵馬」。
    「イケメンで女子が部屋に遊びに来るよーな恵まれたやつ」なりんねが本当は恵まれてる事実!でも本人含め誰もそうは思ってない事実!
    【2012/07/19 21:24】 | 境界のRINNE | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
    りんねと対談感想です
    ★今日は「犬夜叉考察日記など」に少年サンデー2012年7月18日(33号)「境界のRINNE」第154話「宝の川」感想アップしました。



    このオチ(金の延べ棒がチョコだった、みたいな)想像してましたが、川の中じゃ溶けますね(笑)。

    【2012/07/18 21:05】 | 境界のRINNE | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
    「三国無双」の声優さん
    ★今日は「三國無双の声優さん」に鍾会の会一太郎さんアップしました。

    「笑点」などでお馴染みの三遊亭圓楽師匠の息子さんで、落語家&声優兼業が珍しい感じです。
    【2012/07/17 21:00】 | 真・三国無双 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
    「魔性の子」再読
    ★今日は「十二国記感想 」に再読した「魔性の子」感想アップしました。



    新しい挿絵ですが、ほとんどが男性で同じコンビなので、ありがたみがやや少なかったです(笑)。
    でも彼の笑顔が見られましたね・・・。
    【2012/07/16 21:13】 | 十二国記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
    蚊取りブタ
    ★サンデー32号のりんね「逃げる人」に出てきた蚊取りブタがあんまり可愛かったので、今回のトップページに飾ってみました。

    本物も売ってて可愛かったけど、感想にも書いた通り、私あの匂い苦手なんですよねえ・・・。
    あっ、でも結構安いんですね。
    インテリアにもいいかも?いいかも・・・?
    アマゾンにて954円也。



    ところでこれって「蚊遣りブタ」とも言いますよね。
    物は同じなんですけど、何が違うんでしょ?と思って調べてみたら「蚊遣り」というのは「蚊を追い払うために草や木をいぶすこと、またそのいぶす物」という意味だそうです。

    「蚊取り」はまんまその意味で「蚊取り線香」を使っていることもあるんでしょうね。
    【2012/07/15 20:32】 | 境界のRINNE | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑

    ■ ブログ内検索

    ■ RSSフィード

    ■ リンク

    このブログをリンクに追加する


    copyright 2005-2007 ひとりごと all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記