fc2ブログ
    ひとりごと

    ■ プロフィール

    えむ

    ■ 最近の記事

    ■ 最近のコメント

    ■ 最近のトラックバック

    ■ 月別アーカイブ

    ■ カテゴリー

    ■ ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    「ゴーストハント読本」
    ★「ゴーストハント読本」読みました。
    こういう本だと思って読めば、とてもおもしろい本でした。
    「こういう本」というのは、小野不由美、いなだ詩穂両氏が全く関わらない、お二人以外の人によって書かれた本という意味です。

    まあ「読本」という言葉自体入門書、解説書という意味なので、間違ってはいないのですが、お二人のインタビューやコメント、新規イラストなど期待した方が悪いということなのでしょう。
    でも

    ・「ゴーストハント」が出る!→新作なくではなくリライト
    ・新作が出る!→「十二国記」ではなかった
    ・「十二国記」が出る!→国の物語ではなく民の物語だった

    と、どこか求めているものと微妙に、微妙にずれたがっかり感を味わい続けて、また

    ・「ゴーストハント読本」が出る!→一番読みたいお二人がノータッチ
    もちろん出された本は皆おもしろくて素晴らしくて内容に不満はありません。
    9月には「十二国記」新刊長編も出ます!
    今度こそ国の物語が読めると信じてます!

    さてさて前述したように、読本自体はおもしろかったです。
    もうネットでたくさんのファン、読者の熱い思いを読み込んでいるので、お金を払ってまで「自分がいかにGHを好きか」語る記事に興味はありませんが、そこはさすがに資料的な記事に力を入れています。

    特に私が好きな一柳廣孝氏と東雅夫氏の記事が嬉しかった。
    先日「ホラーを書く!」の対談を読んだばかりなので余計おもしろく感じたのかも。
    あと小野先生の軌跡を語る法月綸太郎氏の記事もおもしろかったです。

    余談ですが、並んでいる一柳廣孝氏と井辻朱美氏。
    どちらも妖怪、ファンタジー系ジャンルの方ですが、名前を合わせると京極夏彦著「狂骨の夢」などに出て来る「一柳朱美」になります。
    まさかモデルじゃ・・・ないですよね?(笑)。

    そうそう、読本買った方、オリジナル栞のプレゼントに応募、忘れないでくださいね!
    →「こちら

    【2013/07/23 18:00】 | 十二国記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑

    ■ ブログ内検索

    ■ RSSフィード

    ■ リンク

    このブログをリンクに追加する


    copyright 2005-2007 ひとりごと all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記