FC2ブログ
    ひとりごと

    ■ プロフィール

    えむ

    ■ 最近の記事

    ■ 最近のコメント

    ■ 最近のトラックバック

    ■ 月別アーカイブ

    ■ カテゴリー

    ■ ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    最近のお気に入り
    ★年末年始はあまり出歩けなかったので、録りためたBDなど見てました。
    印象に残っているのがクラウス・キンスキー主演の「アギーレ/神の怒り」。
    人の狂気を描いたらこれほどハマる俳優さんもいないのではないでしょうか。
    表情や演技、台詞回しも怖かったけど黙って立ってる姿を背後から何度も撮ってて、その立ち方に何とも言えない怖さを感じました。

    驚いたのが娘のナスターシャ・キンスキーも娘として出演してたこと。
    なぜかクレジットにはありませんが、私好きなんですよ。
    怪奇俳優と言われる父親そっくりなのになぜこんなに美しいのか。
    ヨーロッパでは一番好きな女優さんかも。
    別の意味でびっくりしたのが「ザ・ウォード/監禁病棟」。
    タイトルがアレですが、ジョン・カーペンター監督作品と書けば、ホラー好きなら納得してくれるはず。
    一言で言えば他愛ない、ホラーとも呼べないホラーでした。
    「17歳のカルテ」見てしまうとちょっと辛いかも。
    監督が目指したものはそんなシリアスじゃなかったんだとは思いますが、「ハロウィン」や「ザ・フォッグ」と比べてもねえ・・・。

    美少女揃いの中で異彩を放っていたのがメリル・ストリープの娘メイミー・ガマー。
    出て来た瞬間わかりました、娘だって。
    だってそっくりなんだもん(笑)。
    演技の確かさも母親譲り、こんな映画に出なくても・・・。
    ちょっとネタバレしちゃいますが、「17歳のカルテ+アイデンティティ」みたいな作品でした。

    そしてスティーヴン・キングの「ニードフル・シングス」。
    しんどいので、ホラーばっかり見てましたなあ。
    キングの映画見てていつも思うんだけど、最後はあまりスペクタクルにしない方が怖さが増すのではないかと。
    地味な俳優さんの地味な映画でしたが、リアルな怖さがあっておもしろかったのでちょっと残念。

    見事な後味の悪さです。
    でも孫の名前言っちゃっていいのか?
    その名前つけなきゃいいのでは?



    ね?左端の金髪の少女、ナスターシャ・キンスキーでしょ?
    【2017/01/25 17:40】 | 最近のお気に入り | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑

    ■ ブログ内検索

    ■ RSSフィード

    ■ リンク

    このブログをリンクに追加する


    copyright 2005-2007 ひとりごと all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記