FC2ブログ
    ひとりごと

    ■ プロフィール

    えむ

    ■ 最近の記事

    ■ 最近のコメント

    ■ 最近のトラックバック

    ■ 月別アーカイブ

    ■ カテゴリー

    ■ ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    最近のお気に入り
    ★平井杏子著「ゴーストを訪ねるロンドンの旅」

    先日読んだ平井さんのクリスティ本がおもしろかったので次に読んだ本。
    私はこういう幽霊本が大好きで、よく読むのですが、内容もさることながら平井さんの文章が落ち着いていて好きです、読みやすい。
    おもしろかったのが、先日観たばかりの映画「ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館」の原作スーザン・ヒル著「黒衣の女」について触れられているところ。
    やっぱり原作を読まなくては。
    ★横溝正史著「雪割草」

    戦時中に新聞に連載されていたという幻の長編。→「こちら
    「金田一耕助の原型が出る」しか知らない状態で読み始めたので、いつ事件が起こるの?と思ってるのにいつまでたっても事件は起こらず。
    これは推理小説ではなく「家庭小説」なのでした。
    実はそこに気づいてからだいぶテンション下がったのですが、後半横溝氏もかかったあの病気が出てくるあたりから持ち直し、最後は一気に読み切りました。

    「金田一耕助の原型が出る」というより「横溝氏をモデルとした人が出る」小説と言い換えたい気もします。
    最後あまりに出来過ぎで、あっけにとられる部分もありましたが、書かれた当時の状況、横溝氏の戦争というものに対する向き合い方を知る上でとても貴重な資料となる本かと思いました。
    最後に、いかにしてこの小説を探し出したか経過が書かれていて、これもとてもおもしろかったです。

    ★「廃墟の休日」

    たまたまスカパーの番組表見てて見つけたテレビ東京の「廃墟の休日」。
    おもしろいなあ、これ。
    私は廃墟が大好きです。
    でも見に行くことはなく、写真集を楽しむくらい(軍艦島は行きたいな。)。

    実際に行ったのは十条の旧東京第一陸軍造兵廠第一製造所(東京砲兵工廠銃砲製造所)の赤レンガの建物が北区中央図書館になると知った時。
    工事前に一度だけ見に行きました。
    もちろん中には入れませんが、奇麗な赤いれんがの外観と窓から見える暗い屋内、差し込む陽射しの美しさにずっと見とれていたことを覚えています。
    今は綺麗な図書館になりましたが、それでも赤レンガを見るたびにあの時のときめきを思い出し、入る時は遠回りして赤レンガ側の入口から入ります。

    そんな私なので、静かに廃墟を楽しむこの番組を即検索かけたのですが、残念ながら12回限りの放送ですでに終了。
    がっかりです。
    また作ってくれないかなあ。




    【2018/04/15 17:10】 | 最近のお気に入り | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑

    ■ ブログ内検索

    ■ RSSフィード

    ■ リンク

    このブログをリンクに追加する


    copyright 2005-2007 ひとりごと all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記