ひとりごと

    ■ プロフィール

    えむ

    ■ 最近の記事

    ■ 最近のコメント

    ■ 最近のトラックバック

    ■ 月別アーカイブ

    ■ カテゴリー

    ■ ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    最近読んだおいしい本
    ★ナンシー・アサートン著「ディミティおばさま現わる」
    ・「優しい幽霊」シリーズ1作目。
    シリーズ名通り幽霊が出て来るお話ですが、私はシャンナ・スウェンドソンの「魔法製作所」シリーズ思い出しました。
    ヒロインが堅実で浮ついてないのがいいなあって。
    大好きなシリーズになる予感がしたのに・・・(泣)。
    ・ジル・チャーチル著「死の拙文」
    コージーファンに評価が高い「主婦探偵ジェーン」シリーズ3作目ですが、私とはどうも相性が悪いようです。
    シェリイとの会話の口調が苦手なのと、やはりルーシー・ストーンシリーズの落ち着いた家庭生活を先に読んじゃったからかもしれない。
    小説の部分はチャーチルの実体験なのかもしれないけど、凡人の身では読んでてちょっと気恥ずかしかったです。

    ・アランナ・ナイト著「修道院の第二の殺人」
    「刑事ファロ」シリーズ1作目、思いがけない拾い物でした。
    舞台はヴィクトリア朝エジンバラ。
    古臭さがいい味出しててキャラもいいです。
    絶対この人犯人だろうと思った嫌な奴が全然関係なかったのには笑わせられました。
    2作目以降も出て来てファロをいらいらさせるんだろうな。

    本国ではこの時点で18冊出てるのに、日本では5年前に3冊目が出たっきりで創元社では在庫切れ。
    続刊は無理なのか、残念。



    「次はオートミールクッキーを作ってみてもいいんじゃないかしら?
    私はシナモンの香りが大好きなの。」(ディミティおばさまより)

      

    【2018/06/10 17:09】 | おいしい本をさがす道 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑

    ■ ブログ内検索

    ■ RSSフィード

    ■ リンク

    このブログをリンクに追加する


    copyright 2005-2007 ひとりごと all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記