FC2ブログ
    ひとりごと

    ■ プロフィール

    えむ

    ■ 最近の記事

    ■ 最近のコメント

    ■ 最近のトラックバック

    ■ 月別アーカイブ

    ■ カテゴリー

    ■ ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    スリー・パインズ村と運命の女神
    ★ルイーズ・ペニー著「ガマシュ警部」シリーズ2作目。
    4年前に1作目の「スリー・パインズ村の不思議な事件」の感想を書いていますが、ランダムハウス出版だっただけに翻訳は4冊で止まったまま、逆に本国では今年14作目が出ています。
    前回もお願いしましたが、創元社さんに是非取り上げて欲しいシリーズです。

    今回読んでいて思い出したのが リヴィア・J・ウォッシュバーン著「桃のデザートには隠し味」。
    同じようなテーマを掲げながら、その内容において比べ物にならない程の深みを感じさせます。
    ウォッシュバーン版が駄作という意味ではなく、あちらは優しく読める感じですが、こっちはずっしり重い。
    それでいて厳寒の冬のハチャメチャな日常生活や楽しげなクリスマスの描写は丹念に書き込まれていて、何度読んでも飽きません。
    コージーも少しずつ整理している今日この頃ですが、この2つのシリーズは永久保存候補です。
    去年のクリスマスは苺のケーキを頂きました。
    シンプルなのが私は好きかな?

     


    【2018/10/23 17:31】 | 最近のお気に入り | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑

    ■ ブログ内検索

    ■ RSSフィード

    ■ リンク

    このブログをリンクに追加する


    copyright 2005-2007 ひとりごと all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記