FC2ブログ
    ひとりごと

    ■ プロフィール

    えむ

    ■ 最近の記事

    ■ 最近のコメント

    ■ 最近のトラックバック

    ■ 月別アーカイブ

    ■ カテゴリー

    ■ ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    トウシューズはピンクだけ
    ★私のお気に入り、レスリー・メイヤー著ルーシー・ストーンシリーズの2作目です。
    このシリーズは人気あると思うのですが、2014年に出た10作目で翻訳終了がアナウンスされました。
    (本国では去年24作目が出ています。)
    いつの間にか消えてるよりは、ちゃんと発表してくれる方がまだいいのですが、それにしてもこの打ち切りは解せません。

    タイトルが軽いけど、内容はしっかりしていて、スイーツのお店を経営していないし、ちゃんと夫がいて子供を育てるのにふーふー言ってて、でも取り上げる事件もテーマもけっこうシリアスでハード。
    コージーミステリの読者が求めるロマンチック路線とは一線を画しているところが原因なのかな。
    でもそれならそれで、無理にコージーらしい邦題や表紙じゃなくてもいいから再開して欲しいなあ。
    特に今回は妊婦さんのルーシーがとてもひどい目に遭うので、読んでてリアルに怖かった。
    よくもまあトラウマにもならず、って思いますがこの辺は良くも悪くもコージーですね。
    夫ビルとの関係、子供たちとの関係、ご近所づきあいのリアルさ。
    そして変に警察関係者を愚か者にも悪者にもせず、かといって馴れ合わずいい距離感を保っているのも好印象です。

    高田恵子さんの訳も読みやすい。
    高田さんは他にシャーロット・マクラウドも訳しているんですね。
    「にぎやかな眠り」買ったけどまだ読んでないので読むのが楽しみです。

    表紙も好きですが、いかにもコージーな絵柄が読者を選ぶかも。
    甘ったるいコージーは苦手な方でもお勧めですよ。



    【2018/11/29 17:17】 | おいしい本をさがす道 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑

    ■ ブログ内検索

    ■ RSSフィード

    ■ リンク

    このブログをリンクに追加する


    copyright 2005-2007 ひとりごと all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記