FC2ブログ
    ひとりごと

    ■ プロフィール

    えむ

    ■ 最近の記事

    ■ 最近のコメント

    ■ 最近のトラックバック

    ■ 月別アーカイブ

    ■ カテゴリー

    ■ ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ちょんまげぷりん
    ★内容に関してネタバレ含みます。

    荒木源著「ちょんまげぷりん」。
    名前は知っていましたが、タイトルと表紙と、「仁-JIN-」に対する思い入れでずっと読まずにいました。
    タイムスリップ物のおもしろさは、タイムスリップした人物が知らない世界でどんな風に生きて行くかのドタバタで、個人的にはあまり結末にはこだわらない方です。

    だいたいはどちらかの世界で共に暮らしていくか、自分の世界に帰って別れとなるか、ですがこの作品は後者。
    あっけないといえばあっけない。
    続編はまだ読んでいないので、どう続くか楽しみです。
    つい本作のプリンと、「仁-JIN-」の「安道名津(あんドーナツ)」と比較してしまうのですが(どっちも食べたいという意味で、笑)、本作も意外と古い作品であることに驚きました。
    最後の別れ以外はとてもいい感じで読み進めることができるので、それだけ軽いとも言えるけどおもしろかったです。

    でもなんでこの表紙?
    それだけが謎でした。



    【2018/12/25 17:11】 | おいしい本をさがす道 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑

    ■ ブログ内検索

    ■ RSSフィード

    ■ リンク

    このブログをリンクに追加する


    copyright 2005-2007 ひとりごと all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記