FC2ブログ
    ひとりごと

    ■ プロフィール

    えむ

    ■ 最近の記事

    ■ 最近のコメント

    ■ 最近のトラックバック

    ■ 月別アーカイブ

    ■ カテゴリー

    ■ ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    「あやかしの深川: 受け継がれる怪異な土地の物語」
    ★私の大好きな東雅夫さんの本。
    宮部みゆきさんの「本所深川ふしぎ草紙」を読むまでもなく、「置いてけ堀」など本所七不思議は有名ですね。
    でも私は「深川七不思議」はこの本で初めて知りました。

    本所版は昔話のようなとぼけた味わいがあるのに対し、深川版は文化4年(1807年)の永代橋落下事件を元にした続き物。
    本所版よりずっとリアルで陰惨です。
    極端な言い方をすれば、「四谷怪談」を長丁場で読んだのと同じような感想を抱くはず。

    宮部さんは「時雨鬼」が掲載されていますが、他にも泉鏡花や三遊亭圓朝などが名を連ねています。
    こういったアンソロジーは、初めての作家さんにもすんなり入りやすくていいですね。

    【2020/02/05 17:11】 | 宮部みゆきと時代物 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑

    ■ ブログ内検索

    ■ RSSフィード

    ■ リンク

    このブログをリンクに追加する


    copyright 2005-2007 ひとりごと all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記