FC2ブログ
    ひとりごと

    ■ プロフィール

    えむ

    ■ 最近の記事

    ■ 最近のコメント

    ■ 最近のトラックバック

    ■ 月別アーカイブ

    ■ カテゴリー

    ■ ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    映画「ハンガー」
    ★去年、女優のカトリーヌ・ドヌーヴが脳卒中で入院したニュースはショックでした。
    大好きな女優さんであり、若い頃は当然ながら、その老いさえも美に昇格させて輝き続ける女優だと思います。
    その時に「ハンガー」を観ました。

    「ハンガー」を観るのは3度目。
    一度は池波正太郎著「銀座日記」を読んで「ハンガー」を知った時。
    二度目はデヴィッド・ボウイが亡くなった時。
    そして三度目がドヌーヴが倒れた時。

    観ることがドヌーヴへの応援になるとは思えませんが、復帰を祈るような気持ちで観ました。
    クラシックで退廃的で美しい吸血鬼映画です。

    ドヌーヴの代表作と言えるような作品ではありませんが、この時の彼女とボウイの美しさは、本当に吸血鬼であってもおかしくないと思いました。
    牙などない、デフォルメされていない吸血鬼。

    でも本当の主役はドヌーヴとスーザン・サランドンでは?と初見で首をかしげたのも事実です。
    サランドンも好きな女優さんですが、あの現代的ないかつい美しさは私が女優に求める美しさとは異なりますが、彼女の演技も凄かった。
    ドヌーヴ、ボウイとは対照的な、どこまでも現代的なその容姿と行動と性格。
    そして最後は・・・。
    最後はちょっと無理があるような気もしましたが、心に残る映画であることは間違いありません。
    【2020/02/10 17:08】 | その他の話題を語る道 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑

    ■ ブログ内検索

    ■ RSSフィード

    ■ リンク

    このブログをリンクに追加する


    copyright 2005-2007 ひとりごと all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記