FC2ブログ
    ひとりごと

    ■ プロフィール

    えむ

    ■ 最近の記事

    ■ 最近のコメント

    ■ 最近のトラックバック

    ■ 月別アーカイブ

    ■ カテゴリー

    ■ ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    佐野眞一著「渋沢家三代」
    ★子供の頃、子供向けの伝記をたくさん読みましたが、取り上げられている偉人がその業績もさることながら、あまりにも聖人君子過ぎて、子供心にも違和感を感じた事を覚えています。
    子供に夢を与える本にするか、人物像に現実味を持たせるか、これは出版社側にとっても難しい問題かと思いますが、それ以来人物伝のような本には拒否反応を覚えるようになってしまいました。

    それで歴史的な人物に関しては、「資料・史料」で読むようにしていたのですが、来年大河ドラマに渋沢栄一が取り上げられることを知り、渋沢のような人物ならば、本もたくさん出ているだろうからと、久々に伝記としての渋沢本も読み始めています。

    まだ5冊くらいしか読んでいないのですが、その中で一番読みやすかったのが佐野眞一著「渋沢家三代」です。
    渋沢家に対する敬愛の念を十分に盛り込みつつ、渋沢家三代の人物を感情的になることなく描写しています。
    三代ということで、渋沢栄一自身に関する記述もコンパクトですが、逆にわかりやすくまとめられているので、今後読む渋沢本の入門編としても役立ちます。

    今は渋沢栄一のお孫さんである鮫島純子さんの「祖父・渋沢栄一に学んだこと」を読んでいます。
    こちらは身内なので、祖父に関する身内でなければ知り得ない様々なエピソードが興味深く、おもしろいです。
    私の「伝記アレルギー」も渋沢栄一のおかげで治りそうです。
    【2020/09/02 17:17】 | 最近のお気に入り | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑

    ■ ブログ内検索

    ■ RSSフィード

    ■ リンク

    このブログをリンクに追加する


    copyright 2005-2007 ひとりごと all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記