FC2ブログ
    ひとりごと

    ■ プロフィール

    えむ

    ■ 最近の記事

    ■ 最近のコメント

    ■ 最近のトラックバック

    ■ 月別アーカイブ

    ■ カテゴリー

    ■ ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ペニーフット・ホテル受難の日
    ★ケイト・キングズバリー著ペニーフット・ホテルシリーズ1作目は「ペニーフット・ホテル受難の日」。
    2013年に本国で18作目が出ましたが、日本では2012年に出た5作目で途絶えています。
    創元社さんはほんと容赦ないですね、売れなかったのでしょうか。
    おもしろいシリーズだと思うんですが。
    特に5作目はこれからさらにおもしろくなりそうな展開なのに。
    本国イギリスではどうなのでしょう。
    もしかしたら完結したのかもしれませんね。

    時代は1906年(明治39年)舞台はイギリス南東部沿岸の小さな村バジャーズ・エンド。
    日本では江戸開府300年にあたる年。
    高級だけどちょっといかがわしい?雰囲気も漂う(大金持ちが秘密の楽しみにふける)ホテルの女主人がヒロインです。
    【2018/11/06 17:16】 | おいしい本をさがす道 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
    ジューンブライドはてんてこまい
    ★クリスタ・デイヴィス著家事アドバイザーの事件簿シリーズ2作目は「ジューンブライドはてんてこまい」。
    このシリーズも今年11作目が出ているのに、日本では2013年にこの2作目が出たまま止まっています。
    もったいないなあ、おもしろいのに。

    ミステリとしてよりも、キャラの人間関係と、ソフィやナターシャのアドバイスがおもしろいです。
    特に、ヒロインソフィの前夫マースが、ソフィのライバルナターシャと恋人関係にあって、でもそのマースとソフィはよりを戻す気もないけど仲もいい、こういうのって珍しいと思う。

    作者はソフィを持ち上げるためにナターシャをヒステリックで傲慢なライバルにしたかったのかもしれませんが、この2人はどっちもどっちって感じでナターシャも憎めない。
    作者が狙ってやってるとしたら凄いですけど、たまたまそうなったって気も(笑)。
    【2018/11/02 17:33】 | おいしい本をさがす道 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
    作家の別腹
    ★野村真理著「作家の別腹 文豪の愛した東京・あの味」、ちょっと発行が古いんですが(2007年平成19年=)文句なしにおもしろいです。
    こういう作家の食に関するエッセイを集めた本ってたくさんあって、コロナブックスだと珈琲、猫、住まいなどきれいな写真満載でそれも好きなんですが、「作家の別腹」は文庫本でありながら野村さんの解説がおもしろくて、作家1人につき2人分楽しめます。
    もちろん池波正太郎も取り上げられていて、逆に10年以上前だからこその味わいがあっていいのかもしれません。
    表紙も可愛くてお気に入りです。


    【2018/10/30 18:44】 | おいしい本をさがす道 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
    ロンジン・ティーと天使のいる庭
    ★ローラ・チャイルズ著紅茶探偵シリーズ8作目。
    ランダムハウス出版でありながら、原書房(コージーブックス)に救い出されて今年の18作目まで順調に版を重ねている幸運なシリーズです。
    私もミステリという部分は忘れて紅茶の蘊蓄やティーショップでの日常を楽しんでます。
    まさにコージーブックス。
    でもこの本、読んだのがだいぶ前でストーリーを全然覚えてないという・・・(汗)。
    おしゃれで楽しいけれど、その分どれを読んでも似たような感じで印象薄いんですよね。
    辛うじて覚えているのが冒頭部分(今回は巨大迷路)。
    まあ嫌いじゃないから揃えてますが、書棚で空気のように並んでいます(笑)。
    ロンジン・ティーは知らなかったのですが、「龍井茶」と書いて中国緑茶なのだそうです。
    いつか飲んでみたいな。
    【2018/10/27 17:09】 | おいしい本をさがす道 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
    クラスの動物園
    ★9月19日2つ目の更新です。
    軽くネタバレ含みます。

    「クラスの動物園?ガラスの動物園の間違いでしょ?」って突っ込まれそうですが(笑)、文芸作品のタイトルをひねってつける(原作も翻訳も)のがお約束のジル・チャーチル著「主婦探偵ジェーン」シリーズ4作目です。
    コージーファンに評価の高いこのシリーズですが、私は特別好きなわけじゃなかったんですよね。
    でも本作を読んでから好きになりました。
    今回のゲストキャラがとにかく個性豊かでおもしろい。

    B&B(1996年当時は民宿と訳してます、時代を感じますね)に泊まった7人の中の被害者と犯人、そして容疑者。
    犯人なんて容易にわかりそうなのに、殺人以外の事件があまりに笑えてバカバカしくて、そっちに惑わされてしまいます。
    【2018/09/19 17:14】 | おいしい本をさがす道 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
    料理教室の探偵たち
    ★J.B.スタンリー著「ダイエット・クラブ」シリーズ3作目は「料理教室の探偵たち」。
    ダイエットは今回あまり気にしてないようですが、そのおかげでいつにも増しておいしそうな料理が登場します。
    普通に食べてる物でも描写が上手だと、今すぐ食べたくなって辛いですね(笑)。

    魅力的な新キャラがカミラ(ミラ)。
    ジェイムズたちが通う料理教室の料理長ですが、その人柄でジェイムズの偏屈な父ジャクソンの心も溶かしていきます。
    逆にルーシーの自分勝手さにはもやもやしたなあ。
    マーフィーがいい人になり過ぎて割を食ってる部分もあったけど、それにしても心配です。

    まあ最後はみんな仲直りの大団円でしたが、ジェイムズの恋愛はまだまだ波乱がありそうです。
    今回はミラのおかげでカラフルな料理が多かったですね。
    【2018/07/03 17:14】 | おいしい本をさがす道 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
    「料理人は夜歩く」
    ★カレン・マキナニー著「朝食のおいしいB&B」シリーズ2作目。
    ちょうどアマゾンの書評を読んで、私と全く同じ感想書いてる人見て納得。
    クッキングママのゴルディに良くも悪くもそっくり、それとこのB&Bには泊まりたくない!
    素人なのに犯罪捜査と称して自分のB&Bの泊り客の部屋を漁る、書類を見る、電話を盗み聞き・・・。
    私がお客さんだったら自分にやましいことがなくても、嫌です。
    今回は元の婚約者と今の恋人の間で揺れ過ぎで、こちらもうんざり。

    じゃあ何で読むの?と聞かれそうですが、やっぱりおいしそうな物がたくさん出て来ることと、基本はヒロインナタリーもいい人だし、メインとテキサスの違いとかね、おもしろいんですよ。
    メインキャラより脇役の方が人間的な魅力があって、やっぱり文句言いながら読んでしまう。
    【2018/06/21 17:05】 | おいしい本をさがす道 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
    最近読んだおいしい本
    ★ナンシー・アサートン著「ディミティおばさま現わる」
    ・「優しい幽霊」シリーズ1作目。
    シリーズ名通り幽霊が出て来るお話ですが、私はシャンナ・スウェンドソンの「魔法製作所」シリーズ思い出しました。
    ヒロインが堅実で浮ついてないのがいいなあって。
    大好きなシリーズになる予感がしたのに・・・(泣)。
    【2018/06/10 17:09】 | おいしい本をさがす道 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
    まぼろしのお好み焼きソース
    ★内容に関して重大なネタバレがあります。★

    「まぼろしのお好み焼きソース」と書いたらソースのこと?と思いますよね。
    でもソースのお勧めじゃなくてちゃんと小説のタイトルです。
    松宮宏さんの、ファンタジー?ミステリー?それとも極道物?

    最初は下町のみんなでがんばっておいしいソースを作る話と思ってました。
    確かに基本はそれなんですが、そんなのどかなばかりの話じゃありませんでした。
    うん、のどかだけどシリアス、ほのぼのしてるけど怖い、そんな感じ?
    【2018/05/23 17:08】 | おいしい本をさがす道 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
    猫は手がかりを読む~エッグベネディクト
    ★今日は、「おいしい本をさがす道」に、リリアン.J. ブラウン著「シャム猫ココ」 シリーズ1作目「猫は手がかりを読む~エッグベネディクト」アップしました。

    【2018/05/19 17:12】 | おいしい本をさがす道 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑

    ■ ブログ内検索

    ■ RSSフィード

    ■ リンク

    このブログをリンクに追加する


    copyright 2005-2007 ひとりごと all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記