FC2ブログ
    ひとりごと

    ■ プロフィール

    えむ

    ■ 最近の記事

    ■ 最近のコメント

    ■ 最近のトラックバック

    ■ 月別アーカイブ

    ■ カテゴリー

    ■ ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    第80話「悲田院」
    ★今日は、「MAO感想」に、少年サンデー2021年2月10日(11号)「MAO」第80話「悲田院」感想アップしました。
    【2021/02/16 17:08】 | MAO | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
    「まんが王国」高橋留美子インタビュー 2
    ★今日は、「犬夜叉考察」に、「まんが王国」高橋留美子インタビュー 2アップしました。

    内容をすっかり忘れ、メモを読んでも思い出せずという情けない状態になっております。
    間を開けると駄目ですね、反省です。
    【2021/02/12 17:07】 | 犬夜叉 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
    第79話「百年目」
    ★今日は、「MAO感想」に、少年サンデー2021年2月5日(10号)「MAO」第79話「百年目」感想アップしました。
    【2021/02/09 17:05】 | MAO | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
    「ダ・ヴィンチ」より小野不由美インタビュー3
    ★今日は、「十二国記感想」に、 「ダ・ヴィンチ」より小野不由美インタビュー3アップしました。
    【2021/02/03 16:58】 | 十二国記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
    今年の節分
    ★今朝、朝日新聞の「天声人語」を読んでいたら、今年の節分は2月3日ではなく2日、つまり明日だと書いててびっくりしました。
    一瞬「連休にするため?」なんて考えてしまいましたが、そうではなくて、1年が365日ぴったりではなく6時間ほど長いために、立春の前日である節分もずれる年があるのだそうです。
    今年がまさにそれで、前回2日になったのは明治30年、124年前のことでした。

    何百年ぶりの彗星地球接近や惑星の横並び、など宇宙関係でよく聞きますが、こういった身近な行事でもあるんですね、おもしろいです。
    【2021/02/01 17:22】 | 日常生活 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
    第78話「夜歩く患者」
    ★今日は、「MAO感想」に、少年サンデー2021年1月27日(9号)「MAO」第78話「夜歩く患者」感想アップしました。
    【2021/01/29 17:08】 | MAO | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
    「MAO」7巻
    ★今日は、「コミック感想」に、「MAO」7巻の感想アップしました。
    【2021/01/27 17:04】 | MAO | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
    第77話「捨て身」
    ★今日は、「MAO感想」に、少年サンデー2021年1月20日(8号)「MAO」第77話「捨て身」感想アップしました。
    【2021/01/21 17:19】 | MAO | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
    第76話「獣を斬る」
    ★今日は、「MAO感想」に、少年サンデー2021年1月13日(7号)「MAO」第76話「獣を斬る」感想アップしました。
    【2021/01/15 17:25】 | MAO | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
    黒武御神火御殿 三島屋変調百物語六之続
    ★内容に関して軽くネタバレ含みます。

    宮部みゆき著「黒武御神火御殿 三島屋変調百物語六之続」再読。
    主人公(聞き手)がおちかから富次郎に代わりましたが、途端に話が生臭くなったなあというのが第一印象でした。

    おちかの時も綺麗な話ばかりではありませんでしたが、それでもまあ若い女性が主人公いう事でいくらか遠慮があったのか、富次郎には容赦なしです。
    元々宮部さんはえぐい話も結構書く人ですが、どうしても「宮部みゆきの時代物」というと、ほのぼのイメージが私の脳内にこびりついているので、結構衝撃的でした。

    マンネリ対策の意味でも聞き手の交代は良かったのかもしれませんね。
    ただどうしても、1冊読んだ限りでは、富次郎におちかほどの思い入れは持てません。
    富次郎編がこのまま進めば、富次郎に馴染んでいくかもしれませんが。

    連載中の「火焔太鼓 三島屋変調百物語七之続」も早く本になって欲しいです。
    【2021/01/13 18:27】 | 宮部みゆきと時代物 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑

    ■ ブログ内検索

    ■ RSSフィード

    ■ リンク

    このブログをリンクに追加する


    copyright 2005-2007 ひとりごと all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記